2010年05月29日

頭越しに決められた…「辺野古」明言に怒り失望(読売新聞)

 米軍普天間飛行場の移設問題を巡って、23日、沖縄県入りした鳩山首相は、「辺野古」に移設するという政府案を初めて地元に表明した。

 「最低でも県外」「辺野古の海が埋め立てられることは冒涜(ぼうとく)」……。政権交代前から、そんな首相の発言に翻弄(ほんろう)され続けた関係者の怒りと失望は大きく、地元への説明が、米国との大筋合意の翌日になったことについても「県民の頭越しに決められた」「順番が逆ではないか」と反発する声が上がった。

 「日米両政府で、合意に近づきつつあるということを報道でしか知りません」

 この日午前10時半すぎ、仲井真弘多(ひろかず)知事は那覇市の県庁に、鳩山首相を迎えると、この日まで政府から県側に一切、移設案の説明がなかったことをそう皮肉った。

 薄い緑色の「かりゆし」を着た首相は、そこで初めて同県名護市辺野古付近に移設する意向を明言し、「なぜ県内になったのかという、お怒りはもっともだと思っています」と謝罪。

 首相をじっと見つめていた知事は「これはもう、極めて厳しいということですね」と硬い表情で語り、首相が米軍の訓練の県外移転に言及した時には、「県外というのは、まだ(交渉を)続けているのですか」と発言を遮って念押しをした。

 仲井真知事は1月の名護市長選で、移設容認派の前市長を支援したが、反対派の稲嶺進・現市長が当選した。会談後、報道陣に囲まれた知事は同市長選後、「県外移設」への期待が県民に急速に広がった点を説明。「(辺野古への移設案を)見直すとかゼロベースでとか、色々な表現で半年過ぎたわけですよ」と述べ、「(県民の間に)裏切られたという思いが非常に強くなっている」と説明した。

 この日の首相は、普天間基地周辺の住民と対話した今月4日の訪問とは異なり、県民からの声を直接聞く場を持たなかった。県庁前広場には朝から、「怒」というプラカードを持った市民ら数百人が集結。県庁に隣接する県議会棟の前にも、48人の県議のうち出張中などを除いた36人が、県内移設への「警告」の意味を込めた黄色のかりゆしなどを着て座り込んだ。

 高嶺善伸(ぜんしん)議長は「県民の頭越しに政府案が決められ、それを前提に日米協議が進められる。民主主義国家として、果たしていいのか」と憤りを隠さなかった。

首相、普天間5月末決着「閣議で何らかのことを決めたい」(産経新聞)
<口蹄疫>「忠富士」育ての親 何とか生き延びてほしかった(毎日新聞)
北日本で25日にかけ激しい雨の恐れ(読売新聞)
<うつ病>すでに「国民病」 対策は国レベルで 4学会が共同宣言(毎日新聞)
池袋でビル工事の外壁が落下、女性にあたりけが(産経新聞)
posted by ナオイ ショウイチ at 14:55| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。